普通の会社員が1億円かけて理想のマイホームを建てるまでにやったすべてのことをお伝えしていきます

普通の会社員が1億円のマイホームを建てた物語

補助金

ZEH仕様にしたのは本当に正解だったのか冷静に考えてみた

投稿日:

「ZEH(ゼッチ)にすると補助金が70万円でますよ」
「ZEH+(ゼッチプラス)なら補助金が 115万円ですよ」
「太陽光のせるならZEHにしたほうがいいですよ」

ハウスメーカーはしきりにZEHを推してきます。

はじめは「ZEHって何?」というところから始まりましたが、あれよあれよという間にZEH仕様で見積もりが作成され、値引きもZEH仕様前提のものになっていました。
家の仕様を詰めていく段階で、太陽光パネルをのせる面積、角度を確保するために屋根の形に制約がでてきたり、断熱性能を確保するために窓の大きさに制約がでてきたりしました。
もちろん給湯器からエアコンから様々な製品にも制約があります。
この制約が意外と理想の家づくりの足枷となる場合もあります。

私は最終的に後に引けないところまできてしまって、ZEH申請したという流れです。

冷静に考えて、ZEH仕様にしたのってよかったのかどうかを考えてみました。

少しでもZEH仕様にするかどうかを迷っている方の参考になれば幸いです。

ZEH(ゼッチ)って何?

ZEHはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

簡単にいうと、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つを合わせて、年間の一次エネルギー消費量ゼロを目指そう、という取り組みで、これを達成した住宅には国から補助金をだしますという制度です。

※一次エネルギーとは冷暖房、換気、照明、給湯設備のエネルギー消費量です。

  • 断熱とは、家の熱エネルギーロスを少なくすることです。例えば、最も熱が逃げやすいサッシ(窓)を2重、3重にしたりして性能をあげることによって、断熱性能をあげます。
  • 省エネとは、家のエネルギー消費量を少なくすることで、例えば、電気をLEDに変えたり、熱効率のいい給湯器を利用したりすることでエネルギー消費量を減らします。
  • 創エネとは、エネルギーをつくりだすことで、最も分かりやすいのは太陽光発電によって電気を作り出します。また、創り出したエネルギーは蓄電池に蓄電することが望ましいとされています。

国が決めた計算式によって、(断熱) x (省エネ) x (創エネ)の合わせ技で一次エネルギー消費量がゼロ以下になる家がZEH仕様の家と定義されています。

このZEH住宅を将来的に標準化することを国は目指しています。

趣旨に関しては賛同できますが、これが我々にとって本当にお得なのかどうかは、また別の話です。

ハイブリッド自動車と同じですね。
プリウスは年間の走行距離が多い人にとっては収支がプラスになりますが、あまり車に乗らない人にとってはハイブリッド自動車はコスト的に不利です。

それが分かっているので、走行距離を考えて、私はハイブリッド自動車にはしていません。

しかし、ZEHに関しては知識不足なまま、ZEH仕様の家にしてしまいました。

H30年度のZEH制度

ZEH制度は毎年4月くらいに発表されます。

私が申し込んだのはH30年度のZEHで、制度としては2種類あります。

事業名 担当省庁 補助金額 蓄電地の補助金額 蓄電池上限額
ZEH+ 経済産業省 115万円/件 3万円/KW 45万円
ZEH 環境省 70万円/件 3万円/KW 30万円

H30年度はZEH+(ゼッチプラス)ZEH(ゼット)の2種類の補助金制度があります。
担当省庁が経済産業省と環境省で異なります。

ZEH仕様は数値で決められていて、計算は当然ですが、ハウスメーカーがやってくれて、その結果を審査期間に提出し、審査に通れば補助金が支給されるというわけです。

ZEH+はZEH仕様にプラスして、

  • 基準一次エネルギー消費量から25%以上の一次エネルギー消費量の削減
  • 1.外皮性能の更なる強化、2.高度エネルギーマネジメント(認証HEMS採用)、3.EVコンセントの設置、の3つから2つの条件を満たすこと

という条件があります。

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。 家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。 家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。

私は電気自動車をもっていないのに、EVコンセントをつけることにしました。
数万円でつけることができるのですが、「電気自動車をもっていないのに、なんだかなぁ…」という感じはあります。
10年後はどうなっているか分かりませんが。

私が考えるZEHの5つのメリット

私が考えるZEHの5つのメリットです。

補助金がでること

最大のメリットは今なら補助金がでることだと思います。
逆に補助金がなければZEH仕様にするコストメリットはほとんどなくなるのが現状です。
補助金がでなければ、私は検討の素性にもあげていないと思います。

家の基本スペックの向上

当たり前ですが、断熱性能の低い家ほど安いコストでつくることができますし、省エネ性能の低い家ほど年間のランニングコストは高くなります。
そして、断熱性能の低い家は冬は寒いですし、夏は暑くなります。
ZEH仕様を目指すことで、必然的に家の性能は向上しますので、ZEH基準に満たない家よりは快適な生活を送ることができるようになることはメリットです。

ハウスメーカーと値引き交渉しやすい部分

家のスペックをあげればあげるほどコストがかかるわけで、それはハウスメーカーの利益になります。
だから、ハウスメーカーはZEHを進めてくるわけですが、逆に、価格交渉しやすい部分でもあります。
国からの補助金が絡むので、ZEH仕様分の追加は、ハウスメーカー、施工主ともに値引き交渉のネタになります。

ランニングコストが安くなる

太陽光発電もしていますので、電気代のランニングコストは安くなります。
電気が余れば売電もできますので、逆に収入が入るメリットがあります。
まぁ、これはイニシャルコストとの関係次第です。

社会貢献できる

一応、ゼロエネルギーは日本、そして世界が目指すべきところですから、社会貢献にはなります。
私はそこまでの志はありませんが、志が高い方にとってはZEHはいいきっかけとなる制度ではないでしょうか。

私が考えるZEHの4つのデメリット

私が考えるZEHの4つのデメリットです。

イニシャルコストの高さ

一番のデメリットはイニシャルコストの高さです。
家を建てるのには大きなコストがかかります。
一生に一度の高い買い物の可能性も高いです。
ただでさえ高いのに、さらにドカっとZEH仕様のイニシャルコストが上乗せされます。
これは家づくりをする上でかなり大きなデメリットです。

設備補修費用がかかる

ZEH仕様にするために、太陽光パネルをはじめ、多くの機器を導入します。
機器は絶対に壊れます。
設備の補修費がどのくらいかかるのかは、今の時点でははっきりいってよめません。
だいたい機器は保証期間が切れたら壊れるものです。

売電収入は下がり続ける

太陽光発電による売電収入は年々減少していきます。
結局はZEH仕様にしないほうがトータルコストが安くなる可能性も否定できません。

実際にゼロエネルギーになるのかが未知

ZEHの定義では一次エネルギー(冷暖房、換気、照明、給湯設備のエネルギー消費量)をゼロにすることです。
一次エネルギーにはパソコンやテレビの家電の消費エネルギーは含まれていません。
頑張ってZEH仕様にしたのに、実際はゼロエネルギーにできていない可能性もあります。
そうなってくると、中途半端感が否めません。

最後に

ZEHに関しては、補助金、必要設備、売電単価、補修費用などなど、様々なものが複雑に絡み合っていて、最終的にZEH対応にしたほうが得なのか、損なのかはすぐには結論がでません。
おそらくハイブリッド車と同じ感じなのかなと思っていて、冷静に考えるとZEH対応しないほうが得なのかもしれません。
しかし、ZEHのコンセプトに関しては少なからず共感できるところもありますので、イニシャルコストに余裕がある方はZEH対応してもいいのではないかと思います。
ZEHに一番強いのは断熱性能などがハウスメーカーで一番強い一条工務店ですが、どのハウスメーカーでもZEH対応可能だと思います。
私が契約している住友不動産でも問題なくZEH対応可能です。

-補助金

Copyright© 普通の会社員が1億円のマイホームを建てた物語 , 2021 All Rights Reserved.